プラセンタ効果成長因子

成長因子とは

 

成長因子とはプラセンタに含まれている成分の一つです。
この成長因子がプラセンタ効果と密接な関係にあります。

 

この成長因子という成分は一言でいえば

老化現象にストップをかけてくれる成分

です。

 

成長因子とは動物の体内で特定の細胞の増殖や分裂、分化を促す内因性のたんぱく質の総称のことです。
成長因子の働きとして主に細胞の増殖や細胞分裂を活性化作用があるとされています。
このことにより私たちが恐れている老化現象に歯止めをかけてくれるパワーがあるのです。
そのため医療の現場でもよく使われている成分の一つなのです。
動物の体内としましたが人間の私たちにも同じような作用がもちろんあります。

 

代表的な成長因子(グロスファクター)

 

HGF(肝細胞増殖因子)
肝細胞の増殖を促進する
肝臓病の改善など再生や修復力が高く再生分野で注目されている

 

NGF(神経細胞増殖因子)
神経細胞の成長を促進する
自律神経のバランスを調整したり更年期障害や老化防止

 

EGF(上皮細胞増殖因子)
肺・皮膚・角膜の表皮細胞の増殖を促進する
新陳代謝を促しキメを整える

 

FGF(繊維芽細胞増殖因子)
繊維芽細胞(コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンといった真皮の成分を作る細胞)の増殖を促進する
新皮の生成を促すことでニキビ痕などの修復をしてくれる

 

IGF(インシュリン様成長因子)
筋肉や骨の成長を促進する
リウマチなどの軟骨細胞、平滑筋細胞の増殖して関節痛などを和らげてくれる

 

成長因子が必要

 

成長因子は私たちの体に密接な関係がある成分です。
上記に書いたさまざまな成長を促してくれる成分です。

 

自分の体で作ることはできるのですが残念なことに減少していってしまうのです。
しかも20歳ごろからは激減していってしまうのです。
だからこそ肌の衰え、体力の衰えを感じるのです。

 

ということはいつまでも若くて元気にいたいと思うならば成長因子という成分が私たち人間とって必要ということになります。

 

この成長因子が含まれているのがプラセンタなのです。

 

プラセンタはダメージを受けた細胞から新しい細胞を作り出すのをたすけてくれるのでプラセンタ効果によって肌をきれいにしたり、体の調子を整えたり、生命活動のレベルをアップさせ活き活きした生活に導くことができるのです。