プラセンタ効果を感じる 種類

プラセンタの種類

 

プラセンタは胎盤から抽出した栄養価の高いものということは話していきました。
そのプラセンタには種類がいくつかあります。
種類は胎盤の種類ともいえるのです。

 

人間⇒ヒトプラセンタ
羊⇒羊プラセンタ
馬⇒馬プラセンタ
豚⇒豚プラセンタ
大豆⇒植物性プラセンタ
鮭⇒マリンプラセンタ

 

これらの種類を一つずつ見ていきましょう。
まずはヒトプラセンタ
このプラセンタは人間の胎盤から抽出したものです。
ヒトプラセンタは医療の現場で使われていて、多くはプラセンタ注射として使用されています。

 

そしてプラセンタの中で最も多く流通しているのが動物プラセンタです。
羊や馬、豚の胎盤を使っています。
それぞれ特徴がありますが共通して言えるとは徹底した管理のもとで製品化されているものが多いということです。
また動物の種類によってプラセンタの金額も変わってきます。

 

羊・馬・豚それぞれに成長因子を含んでいるのが大きな特徴です。
そのため美容とともに健康にも効果を発揮するとされています。

 

植物性プラセンタと言われるものは胎盤をつかっていません。
植物なので胎盤というものはなく、それに変わるのが胎座というものです。
胎座には成長因子が含まれていないので美容には効果があるとされています。
動物プラセンタに不安な方にはおすすめです。

 

同じくマリンプラセンタも同じく胎盤ではなく卵巣膜を原料にしています。
そのため成長因子は含まれていません。
しかしながら美容効果は高いと評判になっています。

 

今注目されている馬プラセンタ

 

これらプラセンタの種類があるなかでやはり人気があるのは動物プラセンタです。
美容効果ともに体の内側にも作用があり、そのプラセンタ効果を感じるためにプラセンタを摂取しているようです。
そのなかでも今注目されているのが馬プラセンタです。

 

なぜ注目されているかというと馬の体質や飼育方法に関係があるようです。
馬はもともと体温が高く寄生虫が付きにくく、また病気になりにくい動物とされています。
そんな馬は飼育方法として複数頭飼いではなく、一頭ずつの飼育となるので感染症の恐れも少ないとされているのです。
そのためワクチン接種など薬物づけになっていない馬の胎盤が安全といわれるのです。
また馬は出産も1回に1頭しか出産しないのでその胎盤は厚く、栄養価が高いと評価されています。

 

これらのことから、馬プラセンタは安全で栄養価が高いといわれているのです。
そしてその効果は絶大とされ、多くの女性を虜にしているようです。

 

アミノ酸含有量が馬プラセンタには多くさまざまな作用が確認できています。
さらに6種類の必須アミノ酸を含んでいるのも馬プラセンタなのでより高い効果を得ることができるでしょう。