プラセンタサプリの効果を感じるための選ぶポイントは?

プラセンタサプリを選ぶ前に確認したいポイントとは?

プラセンタ効果は美容や健康などのさまざまな症状の改善が期待できるため、年齢による老化現象が目立ち始める年齢になって、プラセンタを試してみようと思っていざインターネットなどで探してみると、たくさんの種類の商品があり悩んでしまいます。
プラセンタサプリを販売しているメーカーによっては、残念なことに安全性や品質に問題があるのでは?というところもあるのが現実です。
たくさんの商品があるからこそ自分に合った本当にいいものを選んで、プラセンタサプリの効果を実感したいですよね?
ここでは、プラセンタサプリの効果をしっかり感じるために必要なポイントを、いくつか紹介したいと思います。

 

■原料の安全性
プラセンタサプリの原料である胎盤は「馬」「豚」「羊」のものが使用され、その動物の飼育される環境などによって胎盤の品質が良くも悪くもなります。

 

馬プラセンタ
馬プラセンタサプリの多くが、血統や飼育環境がきちんと管理されているサラブレッドのものが多く、そうでなくても整った環境で飼育され管理されている馬の胎盤が使用されています。
豚や羊よりもアミノ酸量や含まれているアミノ酸の種類が多く、高純度・高品質・安全性が高いのが特徴です。

 

豚プラセンタ
病気にかかりやすい豚はワクチン投与や飼料に薬を混ぜたりなど、胎盤に不純物が混ざりやすいため、プラセンタエキスを抽出するときに、有効成分も多く失ってしまいます。
そのため、最初から厳しい基準を設けて病気や菌などを徹底管理して育てられるSPF豚のものが安全性が高く安心です。

 

羊プラセンタ
人間のアミノ酸に近いアミノ酸組織を持っているため浸透力が高く、海外では人気があります。
しかし、日本では狂牛病(BSE)以降、同じような病気を発症することがある羊の胎盤を使用したプラセンタを製造することができないため、海外から輸入したものでなければ購入することができません。

 

■抽出方法
プラセンタの品質を大きく左右するのが胎盤から有効成分を抽出する方法です。
品質のよい有効成分を多く含んだプラセンタエキスを抽出するために必要なのは、どれだけ有効成分を壊さず不純物を取り除くかということにあります。
有効成分をできるだけ壊さない方法として多く利用されているのが、酵素の力を使用して有効成分を抽出する「酵素分解法」と、冷凍した胎盤を解凍するときの細胞壁を破壊と酵素の力をプラスした「凍結酵素抽出法」です。
どちらの方法も高品質のプラセンタを抽出することができるのですが、コストがかかってしまうため販売されるときの価格も高くなってしまいます。

 

最近では、メーカー独自の抽出方法も開発されているので、メーカーごとにチェックするのもいいかもしれません。
また、抽出されたプラセンタエキスを粉末にするための製造方法も品質に大きく関係します。
製造方法には、プラセンタエキスを凍結させたあとに水分や不純物を取り除いて、加熱せずに乾燥させる方法と、プラセンタエキスに高温の気体を吹きつけて乾燥させる方法です。
栄養をほとんど残すことが可能なフリーズドライ製法の方が高品質ではあるのですが、コストがかかるため価格が高めになります。

 

■配合量
プラセンタエキスの配合量の表記は2種類あります。

 

・原液(プラセンタエキスの水分を飛ばす前の状態のもの)
・原末(プラセンタエキスの水分を飛ばして乾燥させたもの)

 

法律的に配合量の表記については義務付けがされていないため、原液換算10,000mg配合と大きい数字で表記されていても、実際にどれだけのプラセンタだけの配合量かがわかりません。
なかには、プラセンタを少ししか配合していなくても、プラセンタの商品として販売している場合もあるのです。

 

プラセンタの効果をしっかりと実感したいならば、配合量は「プラセンタ原末・純度100%」と表記されているものを選ぶことが大切なのではないでしょうか。

 

プラセンタサプリはどのくらい飲み続けるべき?

プラセンタサプリメントは、即効性がないため最低でも三ヶ月は毎日続けることが必要です。
プラセンタサプリを試してみたいと思うきっかけはそれぞれですが、たくさんある商品のなかから、これまで説明させていただいた、安全性や品質、コストなど、自分に合った毎日続けられるものを選ぶことが、プラセンタサプリの効果を感じるためのポイントではないでしょうか。
効果は実感しやすい場所もあり、多くの人が効果を実感できるのは肌が1番多いようです。

 

年齢とともに感じる美容や健康のさまざまな悩みの改善に、毎日プラセンタサプリを摂取することで効果を実感してみましょう。